遺産分割協議(遺産をどのように分けるか話し合って決めること)

亡くなった方が遺言書を作成し、遺産の分割方法を指定しなかった場合は、

相続人の皆様全員で、遺産をどのように分けるか話し合いが必要になります。

これを遺産分割協議と言いますが、遺産分割協議は相続人全員が参加して行います。

一部の相続人を除外して行った遺産分割協議は無効となりますのでご注意ください。

 

相続人の中に遠方にお住まいの方がいて、相続人の皆様が一堂に集まることができなくても、

個別に協議した結果、全員が合意すれば遺産分割協議は成立します。

 

相続人の中に未成年のお子様が含まれる場合は、家庭裁判所に申し立てをして

特別代理人を選任する必要があります。この特別代理人は、相続人がなることはできません。

 

 

 

遺産分割協議書作成

遺産分割協議書とは、相続人全員が遺産をどのように分けるか話し合い、

全員が合意した結果を書面にまとめ、相続人全員が署名・押印したものです。

押印する印鑑は実印で、発行から3カ月以内の印鑑証明書を添付します。

 

後日の紛争を避けるためにも、遺産分割協議がまとまったら、

遺産分割協議書を作成しておきましょう。

 

▲このページのトップに戻る